手術室看護師のオペ看記

今更聞けないこと、気になった事を調べてみる。あと雑記。ダイエットの事。

1日1食生活 感じるデメリット

1日1食生活を始めて約半年。

薄っすら感じるデメリットを書く。

メリットは前の記事参照。

現在進行中ダイエット 1日1食 メリット7選

f:id:tissue00:20200702222017j:plain

目次

 

奇異の目で見られる

休憩室に入ると、まずロッカーからプロテインの袋を持ってティーサーバー横へ。

で、シェイカーに水を400ml位入れる。通常は、プロテイン1食あたり200ml程度である。

プロテインを付属のスプーン1杯投入&MCTオイル投入。

 

飲む。

昼食終了。

 

そんなこと毎日やってると、「何目指してるん?」と言われることもあった。

さすがに半年経つと周りも慣れて何も言わなくなる。

 

やはり、プロテイン=マッチョのイメージが強いのだ。

私はあくまでめんどくさいからこんなことをしてるに過ぎない。

 

やっぱりお腹は減る

食べずにプロテインだけだからお腹は減る。

でもたぶん、前みたいに朝食パン・昼食弁当食べてた時も同じくらいにお腹は減っていた。

結局、慣れなのかもしれない。

 

筋肉は落ちやすい

糖質をほとんど取らない状態なので、体脂肪だけを燃やしてくれるかと思いきや、そう上手くいかない。

筋肉を分解、アミノ酸から糖新生するので筋肉が落ちやすくなる。

体脂肪だけ燃えてくれればいいのに。

 

心が折れそうになる

昼休憩でプロテインだけの生活には慣れた。

が、あの匂いに心が折られそうになる。

ソース焼きそば「UFO」のにおいである。

同僚が食べるUFO、カップヌードルetc・・・。あのにおいはヤバイ。

これも慣れるしかない。

 

週末、食が止まらない

 

1日1食といっても、私は仕事の日だけにしている。休みの日は昼・夜は普通に食べている。朝は食べると、とんでもなく眠くなるのであまり食べない。

で、食べるご飯のうまいこと。

「ああ、ご飯て美味しいなあ・・・。」

仕事の日は食べてないだけに、食べた時は感動モノである。

やめられない、とめられない、状態。

下手したら、5日間のダイエットが一瞬でチャラになる。

油断禁物。

 

大体これくらいだろうか。

なんか思いついたら追記することにする。

以上。