手術室看護師のオペ看記

今更聞けないこと、気になった事を調べてみる。あと雑記。ダイエットの事。

手術室の環境 音楽 好きな曲で眠れ

手術室内は無機質だ。ワケのわからん機械が並び、マスク+帽子被ったワケのわからん人達がいる。そんな中に患者を案内するわけだから、何かしら和ませるものが必要だ。その1つが音楽だ。一応、音楽が患者の精神的なリラックスのために効果があるとする研究もあるようだ。f:id:tissue00:20200615234103j:plain

なので、手術前日に患者のもとへ行き、情報収集し、ついでに好きな音楽なんかを聞くのである。もちろん希望のない人もいる。そんな時は、ピアノとかクラシックとか落ち着いた音楽を無難に流しておく。私はボサノバ的なのをよく流す。どっかの雑貨屋みたいな雰囲気になる。

 

中には「CD持参します!」の人や、「スマホとイヤホン持ち込んでいいですか?」という猛者もいる。大歓迎である。

色んなジャンルのCDを手術室で揃えてはいるが、さすがに限界がある。希望を言われても手術室にないことも多い。デスメタルはない。そんな時は患者に妥協してもらう形になってしまう。残念。

 

全身麻酔がかかると患者には聞こえなくなるので、手術が始まって落ち着いたら音楽がチェンジされる。それは医師の趣味であったり、担当看護師の趣味であったりする。少し前までは高頻度で「Official髭男dism」が流れていた。飽きた。

 

中には無音を好む医師もいるので、その時は速攻電源OFFする。逆に、歌詞が聞こえるくらい大音量で流して欲しいという医師もいる。自分でCD持ってくる医師もいる。

 

全身麻酔ではなく、脊髄麻酔や局所麻酔の手術では患者にヘッドホンをしたりもする。

 

術中の音楽については、医師の効率が上がるとされる研究があったり、手術時間が延びるとされる研究があったりと、差があるようだ。詳細は忘れたけど。

 

こういう音楽の使い方は、JASRAC的にどうなんだろうか。非営利目的だからOK?

 

ところで気になるのが、術前訪問時に好きな音楽を聞くと大体笑いが起こるのは何でだろう。

「手術室の中で音楽を流しているのですが、好きなジャンル・曲等ありますか?」「(笑)えー、じゃあ〇〇で。」

みたいな。

なんとなくわからんでもないか。

 

以上。