手術室看護師のオペ看記

今更聞けないこと、気になった事を調べてみる。あと雑記。ダイエットの事。

心房細動 Af と 脳梗塞

先日、とある後輩が先輩にしぼられていた。

「Af(心房細動)患者がなぜ脳梗塞リスクがあるのか」と。

聞き耳を立てていたが、どうも答えられなかったようだ。

 

簡単にまとめると、

Afは心臓に血栓できやすい→頭に血栓飛ぶ→脳梗塞

というだけの話なのだけど。

 

せっかくなので調べてみる。

f:id:tissue00:20200611220118j:plain

心房細動とは、読んで字のごとく、心房が細かく揺れ動いている状態。

心臓は通常、洞結節から心房へと興奮が伝わり、心房の組織が一斉に収縮する。心房細動では心房のあちこちで勝手に興奮するために細かい動きになる。

 

心室が全身に血液を送るポンプの役割を果たしているので、心房がどうなったところで緊急性はない。ただし、WPW症候群心筋梗塞心不全の時に心房細動を発症すると危険性が高いため早急な処置が必要となる。

 

で、心房が細かい動きになっているという事は、心房が正常な収縮運動をできていないというわけで、心房の血流が停滞してしまう事になる。血流が停滞、というと血栓形成リスクとなるわけだ。

 

心房には心耳とよばれる小部屋が引っ付いている。その小部屋は人体にとって、何の役にも立たない部位である。心房内の血流が停滞すると心耳内も極端に停滞し、血栓ができやすくなる。左心耳・右心耳があるが、左心耳の方が血栓ができやすいとされる研究があるようだ。右心耳血栓の頻度:JASE誌 : 心房細動な日々

 

というわけで、左房・左心耳→左心室→大動脈→脳 という流れで脳に血栓がつまり、脳梗塞発症ということになる。心臓が原因の脳梗塞だから心原性脳梗塞とか言ったりする。

 

右心耳に血栓できるなら、右房・右心耳→右心室→肺動脈 で、肺に詰まって肺梗塞になりそうな気がするけど、聞いたことない。脳梗塞の方がメジャーだ。

 

心房細動の治療にはカテーテルによるアブレーション(心臓の中から異常な興奮の通り道を焼却)と、開胸手術によるMAZE(心臓の外から興奮の通り道を焼却)等がある。

 

MAZEは文字通りメイズ=迷路。心房に迷路を作り、興奮の通り道を正しい道筋のみにしてやろうということらしい。いらん道は行き止まり、正しい道は残し、正常な興奮の道順にしてやると。

 

MAZEの方は担当したことがあるが、あちこち挟んで焼いてた。あと、例の左心耳もガシガシ縫って閉鎖してた。MAZE単体では手術やらなくて、他の弁置換とかのついでにやるものらしい。確かにカテーテルでできるなら、そっちのほうが侵襲少ないし患者さんも楽だろうな。開胸はリスクが大きすぎる。

 

というところで、今日はおしまい。以上。